後遺症異議申立て

いきなり交通事故に遭遇する、という可能性はそれほど高いわけではありません。
ですが、全くないわけではありません。
一度交通事故にあえば、大きな怪我を負う可能性があります。
また、事故後も治らない後遺症を患ってしまう可能性も十分に考えられます。
交通事故によって後遺症が発生した場合、その後遺症の等級によって決まった金額を後遺症慰謝料として請求することができます。


入通院慰謝料についてはもめることが多いのですが、後遺症慰謝料の金額で係争になることはあまり多くはありません。
ただ、問題となるのが後遺症自体の認定に疑問がある場合です。
前述の通り、後遺症慰謝料は等級によってほぼ決まった金額が請求され、支払われることになります。
そのため自分が思っている後遺症等級に対して、認定された等級が低い場合には、思っている通りの慰謝料を請求することが出来なくなってしまいます。


こういったケースには、直接慰謝料を請求している相手に言っても意味がありません。
後遺症認定をしている相手に対して異議申立てを行う必要があります。
ただし、この異議申立ては簡単に行えるものではありません。
行った所で結果が覆らないことも多いことは理解しておく必要があります。


さらに、時間や費用、労力などの負担もあります。
そのことを考えた上で、異議申立ての是非を検討しましょう。
そこでこの先のページでは、後遺症異議申立てについてより詳しく条件や内容について紹介します。


▼特集
交通事故によって後遺症が発生した場合、後遺障害慰謝料を請求する手伝いをしてくれるサイトです・・・交通事故 後遺障害

Copyright © 2014 後遺症における異議申し立て All Rights Reserved.